口臭

舌磨きは舌苔の除去や口臭に効果ある?ない?原因はビタミン不足の可能性も

口臭の主な原因の一つに、「舌苔」(ぜったい)があります。

舌苔とは、舌の表面にできる白か黄色い苔のような付着物のことです。舌に悩みをとくに抱えたことのない人でも、一度くらいは白くなったり黄色くなったりしたことがあるかもしれません。

この舌苔を除去するために効果的だとされるのが、舌磨きです。上記の画像はわたしの使っている舌ブラシ(W-1)ですが、舌を傷めないような柔らかいナイロン素材が両面にあり、舌の表面をやさしくこすることで舌苔を落とします。

ちなみに間違っても歯ブラシで舌を磨くのはNGです。わたしもかつてしていた口ですが……そもそも歯ブラシは歯を磨くためのもので、硬質です。先端が舌の表面を傷つけたり、かえって舌苔を増やす結果にもなるので、するのはおすすめしません。使うのはやはり舌ブラシです。

ではこの舌磨きですが、本当に口臭に効果があるのか、見ていきたいと思います。

口臭の原因が舌苔である理由

舌ブラシの口臭改善効果について触れる前に、先に口臭の原因が舌苔である理由について、触れていきます。

舌苔ができる/付着する原因

舌苔ができてしまう主な原因は、古い細胞や血球成分、食べ物のカスが溜まることや、コーヒーなどの色素の強い飲料が付着することによるものです。粉ものを摂取することでも溜まりやすいです。

ほかにも加齢で舌の運動機能が低下することや、唾液の分泌力が落ちることで、口の中の汚れが落ちにくくなり、舌苔ができやすくなります。風邪などで体調が悪いときや、ストレスの多いときも唾液の分泌力は落ちますので、舌苔ができやすくなります。

お医者さんが患者さんの舌を見たりしますよね。あれは舌苔の状態や色を見ています。舌苔ができていれば、なんらかの症状のサインを見れるのです。内臓に疾患があるときなどにも、舌苔ができやすくなっていて、そのときには白・黄色以外に、灰黒色の舌苔ができます。

舌苔が口臭を放つ理由

口臭の多くは、口内に残った食べ物のカスなどに含まれるたんぱく質が、細菌により分解され、その過程で出るガスです。これと同じことが、舌苔の口臭でも起きます。

ガスの種類には、

メチルメルカプタン … 腐った玉ねぎのニオイ
硫化水素 … 卵が腐ったようなニオイ
ジメチルサルファイド … 生ごみのようなニオイ

などがあります。

原因は舌苔、歯周病、のどの病気、または荒れた腸内環境など。歯はピカピカで、歯周病のしの字もない状態であっても、歯磨きを数日しないことにより食べ物のカスが口の中に放置されれば、溜まった歯垢からしっかりニオイは発生するということになります。

歯に付着する食べカスは1割、舌やのどに付着するのは9割

舌苔にまつわることで、「歯に付着する食べカスは1割、舌やのどに付着するのは9割」という言葉があります。この言葉には、そのため「口臭に限ってはデンタルフロスや糸ようじなどはあまり役に立たない」と続いています。

確かに考えてみればそうです。歯の間と、舌の表面じゃ、食べもののカスが付着する/残存する面積が圧倒的に違いますからね。カスを除去することのできる歯ブラシやデンタルフロスとは違い、舌の表面はぼつぼつしていて、付着した舌苔は一度舌ブラシで磨いたくらいでは、取れるものでもありませんから。

舌を磨く舌ブラシは口臭に効果的

舌苔が口臭の原因である理由をお話ししました。9割もの食べ物のカスが舌に付着するなら、口臭の原因の多くが舌苔であるというのも納得です。

近年はこの舌苔に関して、一般の方の認知も増えてきました。わたしもその一人ですが、舌苔の対策として、歯磨きのあとに舌ブラシで数日こするだけで、だいぶ舌がきれいなピンク色になりました。口臭も薄まったような気がします。

最近の舌ブラシは形状が豊富で、価格も400円前後からと非常に安く、入手もしやすくなっています。なかには舌みがき用のジェルなどもあり、本格的な「ホーム舌ケア」もすることができます。もし口臭に悩んでいて、舌苔が付着しているのなら、舌ブラシでのケアを取り入れてみてくださいね。

また、ビタミンなどの栄養素が不足することにより、歯肉炎や歯槽膿漏の症状が進むこともあります。舌苔だけを見るのではなく、食生活の見直しをしてみるのも口臭予防の近道と言えますよ。