おなら

くさいおならが止まらないときは口臭・体臭も臭くなるかも!食べすぎ・飲みすぎ・便秘・ストレスに注意しましょう

口臭の原因は口内環境だけでなく、腸内環境とも密接な関わりがあります。

胃で溶かされ、粥状になった食べ物はやがて大腸で便となりますが、腸の調子が悪かったり便秘気味だったりすると、腸内で悪臭成分を発生させるようになります。この悪臭成分が腸壁から吸収され、巡り巡って、口臭や体臭の原因になります。

口臭対策サプリメントに腸内環境を改善する成分が多く配合されているのは、このことからきていますが、腸内環境が悪くなっていることが事前に分かれば、対策もしやすくなりますよね。

その兆候は実は「おなら」で知ることができるんです。

ときどき出てくる「くさいおなら」

おならは誰のお尻からでも出てくるものですが、このおならが急に臭くなったことってありませんか?

また、プップップッと、たくさん出てくることもあるかと思います。

「サツマイモやイモ類をとくに食べたわけではないのに…」と不思議に思ったこともあるかもしれませんね。

おならの主な成分

おならの主な成分は

・口から吸いこんだ空気
・小腸で消化しきれなかった食べ物を大腸で分解するときに発生するガス

の二点です。

口から空気を吸いこむのは人間なので仕方ないですが、消化のしにくい食べ物をたくさん食べた時、おならはたくさん出るようになります。消化されにくいサツマイモやイモ類のデンプンはその代表ですね。

くさいおならが出る理由

ではなぜおならが臭くなってしまうのでしょうか?

それは、大腸の「悪玉菌」が食べ物を分解したときに発生させるガスの割合が多いからです。あまり臭くないおならは、大腸の「善玉菌」が分解しているためです。

悪玉菌は、たんぱく質や脂質をエサに増える菌です。そのため、肉類を多く食べた日もくさいおならがよく出てきます。

なので、もしくさいおならがたくさん出たときは、腸内(大腸)で悪玉菌が増えている証拠です。悪玉菌が増える理由はなにもイモ類や肉類をたくさん食べたときだけでなく、「飲みすぎ・食べすぎ」や「便秘」「ストレスで体内で活性酸素が増えたことにより腸の能力が落ちて食べ物がうまく消化されていない」ことも原因です。

くさいおならが出たときは、口臭・体臭が臭くなるサインでもありますが、腸が疲れている「腸疲労」のサインでもあります。口臭・体臭対策をするのと同時に、最近食べたものや、ご自身の生活状況を振り返ってみてくださいね。