汗臭

なぜ汗は臭うの?対策は?臭わない汗にするには?

汗には体温調整機能のほか、保湿機能や、免疫機能としての役割もあります。そのため、汗をかかないようにすることは、健康を損なう場合もあります。

汗が肌から出る仕組みについて 何のために汗は出るのか?汗をかくメリットは?汗が肌から出る仕組みについてまとめています。汗をかかずにいられたら、ニオイの悩みもかなり減りますが、それで失うものもたくさんあります。...

また、外出や運動を控えるなどしてあまり汗をかかないでいると、臭う汗を出すようにもなるのが、汗にまつわるニオイの問題の厄介なところでもあります。

なぜ臭う汗を出すようになるの?

汗は血液から作られ、本来無味無臭です。私たちが汗と呼んでいるものの多くは、全身に点在しているエクリン腺から出る汗ですが、このエクリン腺から出る汗は水分が99%で、残りの1%は塩分や、その他の成分です。

ですが、この汗には、「サラサラで臭わない良い汗」「粘っこく臭う汗」の2種類があります。

汗を出す汗腺は、汗に対するろ過機能の役割を果たしており、汗から余分な成分が排出されないようにする機能があります。この余分な成分とは、血液から赤血球などを取り除いた血漿(けっしょう)に含まれている各種のミネラルのことです。

汗腺は汗をかかず、使わずにいると、このろ過機能を弱くしてしまいます。そうなると、余分な成分が多くなり、粘っこくて蒸発もしにくく、肌の表面に残りやすいため、臭いやすくなるのです。

しっかり適度に汗をかいて汗腺機能を働かせていると、ろ過機能はしっかりと機能し、サラサラで蒸発のしやすい臭わない汗が出てくれます。

臭わない汗を出さないための対策

汗をあまりかかずにいると、汗腺のろ過機能はうまく働かず、余分な成分が排出されてニオイの元になります。

そのため、臭わない汗をださないようにするためには、適度に汗をかいて、汗腺を使うことが重要です。

適度な運動をしたり、湯船にしっかり浸かって汗を排出したり、サウナに入るなどが対策になりますね。

汗をこまめにふき取ることも重要

汗そのものが無味無臭でも、汗をかいた肌の表面をそのまま放置していたり、汗をかいた服を着替えずにいると、衣類に雑菌が繁殖し、ニオイの元になります。

汗をかいたらこまめにふき取り、衣類などもしっかり洗濯することが臭わないようにするための第一歩です。洗濯しても臭うようになったら思い切って捨てましょう。ボディソープや石鹸などを、各種ニオイ対策のものにするのも対策の一つですね。

また、ワキや下腹部、乳首、デリケートゾーンなどに存在しているアポクリン汗腺による汗に関しては、エクリン汗腺よりも臭いやすいので、こまめなふき取りや衣類の洗濯はもちろん、わき汗パットなどの対策や、各種デオドラント製品の使用がより効果的です。