汗臭

寝汗がアンモニアの臭いがしてくさい!くさい寝汗はどんな病気の予兆?

寝て起きたときに、枕や背中がびっしょり。誰もが一度は経験したことのある現象かと思います。

寝汗を多くかく原因には、エアコンのタイマーを設定し忘れていたとか、怖い夢を見たとか、風邪にかかってしまったなど気温の急な上がり下がりや病気が主な原因ですが、寝汗がくさいのは、そういった環境的な原因やストレスが理由とは考えづらいですよね。

ましてや、アンモニアの臭いなど独特のくさいニオイがした場合、なにか病気の前兆ではないか、そう思う人も多いかもしれません

アンモニア臭がする(疲労臭)

アンモニアは体内でタンパク質が分解されるときにできる成分で、普段は肝臓で尿素に分解され、尿として排出されます。このとき、尿素に分解するときに必要になるのがオルニチンです。

肝臓の能力が低下したり、オルニチンが不足すると、分解しきれなかったアンモニアが血液から汗として排出されてしまいます。これがアンモニア臭がする汗の原因です。

肝臓は神経が通っていないため、悪くしてもあまり気づかない臓器です。オルニチンの補給はもちろん、いわゆる「疲労臭」と呼ばれる臭いでもあるので、改善のために、日々の疲れやストレスを緩和することも視野に入れてみてください。

疲労臭?アンモニアのニオイ?疲れがたまったら肝臓の調子に注意しましょう疲労時にニオってしまう「疲労臭」というものがあります。なぜ疲労臭が起こるのか、対策法や予防方法など、まとめていますので、解決の参考にしてみてください。...

甘酸っぱい臭い

糖質は体内に摂取されるとブドウ糖になり、血液中をめぐり、エネルギーとして活躍されますが、そのためのインスリンという成分が足りない状況が「糖尿病」です。

このエネルギー不足は、肝臓で代わりにケトン体という物質がつくられることになり、まかなわれることになりますが、甘酸っぱい臭いがするのが特徴です。これが血液を通して汗に混じり、甘酸っぱくなります。

糖尿病は、食べすぎや運動不足などが多く原因なので、効果的な糖質制限療法も含めて、生活習慣を見直してみてください。

イオウのような腐敗臭

胃腸の機能が低下すると、食べ物を消化吸収するための能力が落ちてしまいます。そうなると、食べ物の腐敗が進みやすくなり、血液を通じてイオウのような腐敗臭をさせるようになります。

胃腸の機能は加齢により落ちやすく、40代以降の人の飲み会後などの胃もたれの症状としてよくあらわれてきます。各胃腸の病気をはじめメタボの原因にもなりますし、肉類や脂っこいものを控えたり、胃腸に負担とならない無理のない食生活を送ることが重要です。

加齢臭

加齢臭の臭いにも色々な言われ方がありますが、「ロウソクや古い本の臭い」が一般的。とくに40代以降から強くなる傾向があり、年齢を重ねると出てしまう臭いの一つです。

加齢臭の原因物質である「ノネナール」は、肌の機能や体内の抗酸化力が落ちているときに増えていきます。

普段からしっかりと汗を拭きとったり、入浴して皮脂や汗を洗い流すのはもちろん、皮脂の分泌を促す揚げ物や肉類や乳製品は控え、抗酸化物質の多いファイトケミカル食品を食べてみるなど、食生活の見直しも大切です。

加齢臭はなぜおきるのか徹底解説!重要なのは過酸化脂質(脂肪酸)を抑えること知っているようで、知っていない加齢臭のメカニズムをまとめています。これから対策しようとしている人、すでに知っている人もご覧くださいね。...