加齢臭

加齢臭の原因物質って?加齢臭と運動不足の切っても切れない関係性

40代から悩みの種になる体のニオイ、加齢臭。

「パパくさい!!」「あなたそろそろ対策したら?」

身内からそんな風に言われてようやく気づく人も大勢いるはず。言われて辛い言葉はいろいろありますが、くさいという言葉ほど辛いものもなかなかありません。

ふっくん
ふっくん
ワタシはむかし鳥くさいって言われたことがあります…
yamato
yamato
まあ、鳥だしね(誰から言われたんだろう。人間?鳥以外の動物?)

そんな加齢臭は男性の代名詞的なニオイではありますが、女性でもしっかり臭ってきます。男性ほどの強さはありませんが、対策はしっかりしておきたいところです。

ところで、この加齢臭には原因となる物質があるのをご存知でしょうか? まだご存知でないなら、この記事でまとめていますのでよければご覧くださいね。

知識として知っておくと、加齢臭対策への抵抗感や、なかなかニオイがなくならないからといって焦ることも多少は少なくなりますよ。

加齢臭が起きてしまう原因

加齢臭は言葉の通り、加齢にともなって出てくるニオイです。主に40代以降から臭う体臭の一つで、早ければ30代からでも臭います。

この加齢にともなっての意味するところは「体の機能が落ちてきた」ということです。加齢臭が出てきたのなら、そろそろ体のメンテナンスに本腰を入れ始めるべき時期がきたよ、という体からのサインを意味してもいます。

体の機能が落ちてきたとはどういうことかというと、体の細胞や組織が酸化(老化)してきていることを指しています。

最近は美容や健康関係のメディアなどでよくクローズアップされていますので、聞いたことがあるかもしれません。この酸化に対する抵抗力は「抗酸化力」と言うのですが、体の抗酸化力の力が加齢により落ちてきたので、加齢臭は起きてしまいます。

不老不死者たちはファンタジー作品ではおなじみですが、細胞も年を取らないはずなので、彼らは加齢臭とは縁がないことになりますね。うらやましいことです。

加齢臭の原因物質「ノネナール」

私たち人間の皮膚には、皮脂を分泌する機能があって、これにより乾燥や紫外線から肌を保護しています。40代ごろになると、この分泌される皮脂にはパルミトレイン酸という成分が含まれるようになります。

夕方ごろになると体のニオイが強くなるのは、皮脂や汗が長時間放置されることにより、皮脂や汗に含まれる成分が酸化したり、細菌から分解されるなどしてニオイ物質を発生させているためです。

パルミトレイン酸でも例外ではなく、酸化したり、分解されるなど、同じ現象が起きます。そうしてパルミトレイン酸が発生させるニオイが加齢臭です。この原因物質は「ノネナール」と呼ばれています。

運動不足と加齢臭との関係性

加齢臭は体が衰えてきたこと、つまり体のなかが酸化してしまうことにより発生するニオイだと書きました。

体が酸化するスピードはその人の生活の状況や食べるもの、または遺伝的な要素などにより異なりますが、運動不足は酸化を早める原因の一つでもありす。

運動不足は細胞または筋肉や内臓などの劣化を早めます。なぜなら、筋肉や内臓などに負荷をたいしてかけず、使って鍛えていないからです。

運動する習慣があれば筋肉や内臓は適度に使われているので、若いときほどではないにしてもいい状態を維持できますし、体の代謝はよくなって免疫力もあがり、病気にも強くなります。汗も、汗腺機能をしっかり使っているので、臭くなりません。

そうして運動をすることにより、細胞などの各体組織を活性化させ、体の抗酸化力を維持することにつながるので、細胞を酸化させてしまう活性酸素の増殖も抑えることができ、加齢臭の発生の抑制にもつながります。

また運動には、ストレスを発散する意味合いもあります。エンドルフィンが分泌され、はつらつとした気持ちになります。ストレス過多でリラックスできない状況だと、活性酸素を増やす要因にもなり、体の酸化を助長してしまいます。