口臭

少しでも不安をなくそう!口臭の種類ってどんなものがあるの?対策は?

自分の体のなかでどのニオイが気になりますか? そうアンケートを取ると、必ずといっていいほど1位に挙がるのが「口臭」なのだそうです。

確かに口臭は、体臭や足のニオイなどに比べて、なかなか自分でははっきりと分からないニオイでもあります。人に聞くこともなかなかできませんしね。それだけに不安に思う気持ちも強いのかもしれません。

そんな口臭には、いくつか種類があります。自分がどの口臭に該当するのか、分かっているだけでも多少不安が消えますし、対策もしやすくなりますよ。

生理的口臭

1つ目が「生理的口臭」と呼ばれているものです。

人間ならだれしもの口に存在している口臭のことです。どういうものかというと、起床時や、空腹時などに、強くなる口臭です。ほかにも緊張時の口臭、口呼吸によるもの、加齢によるもの、生理・妊娠によるものなどがあります。

多くの人が、この生理的口臭で悩みます。誰しもが持っている、または、加齢や生理・妊娠などで強まる口臭ですので、あまり悩みすぎないようにしてくださいね。

原因は主に、食べ物のカスや、歯垢、または舌苔などです。口のなかに存在しているこれらのたんぱく質物質が分解され、口臭成分のVSC(揮発性硫黄化合物)が発生します。

VSCには、卵が腐ったような臭いといわれる硫化水素、野菜の腐ったような臭いと形容されるメチルメルカプタン、ゴミっぽい臭いのジメチルサルファイドなどが含まれています。

病的口臭

2つ目の病的口臭は、名前のとおり、治療が必要な病気が原因の口臭です。

歯周病や、虫歯などの「口腔内疾患」によるものと、糖尿病や肝臓・腎臓疾患などによる「全身疾患」による口臭があります。症状が進行していると、病気を治さない限り、口臭の緩和が難しい場合があります。

口の中の虫歯や、喉や糖尿病、肝臓など、かつてなんらかの病気を患っていたなど体の健康状態に自信がない場合は、まずはお医者さんに相談してもらってみてください。

<口腔内疾患による口臭>
歯周病、多量の舌苔、唾液分泌の減少、洗っていない義歯、進行した虫歯など

<全身疾患による口臭>
副鼻腔炎(ふくびくうえん)、扁桃腺炎(へんとうせんえん)、気管支拡張症、糖尿病、尿毒症、肝臓・腎臓疾患など

外的口臭(食品由来口臭)

3つ目は、ニオイの強い食べ物や飲み物などによる口臭です。

原因は、にんにくやニラ、キムチ、大量のたまねぎやネギ、納豆や味噌、チーズなどの発酵食品、アルコール、コーヒーなどです。食べ物や飲み物に含まれるニオイ成分が血液に溶けだして、灰を通して呼気として排出されます。

これらの食べ物を控えれば口臭は薄まるので、比較的対策は簡単です。ただ、ニオイの強い食べ物には栄養が豊富なものも多いですから、全く食べないようにするのはあまりおすすめしません。

嗜好品であれば、食べなくすることでかえってストレスがたまり、口臭を強めるかもしれませんからね。

心的口臭

最後に心的口臭と呼ばれるものです。

心的口臭とは、自分の口臭が臭いのだと思い込んでいる状態のことです。本当はその人の口臭は臭くない、または生理的口臭の範囲内のレベルなのですが、くさいと思い込んでいるので、口臭への疑念はなかなか払拭されないのです。

心的口臭は軽度ならだれにでもありますが、重症になると、歯磨きの頻度が異常に増えたり、舌をゴシゴシ磨いたり、拒食症や外出拒否になったりします。

歯の磨きすぎは歯の表面や歯茎を傷めたりしますし、舌磨きもしすぎれば舌の表面にある舌乳頭を傷つけ、余計に口臭を強めたり、味覚をつかさどる味蕾を傷つける原因になりかねません。拒食症は、根本的な栄養不足や病気によって口臭を強めてしまう原因にもなります。

自分の口臭の調べ方の記事でもまとめていますが、不安な方は、ブレスチェッカーで数字として認識したり、歯医者さんや口臭外来で診てもらうことが解決の近道です。

自分の口臭はクサイの…?不安を消す!自分の口臭を調べる方法6選自分の口臭をチェックする方法を6つ掲載しています。自分の口臭がクサイか知りたい!という方は参考にしてみてくださいね。...