体臭

活性酸素ってようするにどんなもの?なぜ体に悪いの?活性酸素を減らす対策は?

体のニオイは、ひどくざっくり言ってしまえば、健康になればあまり臭いません。

なので、健康的な生活を送ることはスメルエチケット活動にとっても重要になってくるわけですが、なかでも体を酸化させてしまう活性酸素は重要視するべき存在です。

活性酸素については、健康に関するテレビ番組でもクローズアップされることは多く、悪いイメージは持っていると思います。とはいっても、活性酸素には体内に侵入したウイルスや細菌を撃退する役目もあり、私たちの体になくてはならないものでもあります。

活性酸素が体に悪い理由

冒頭でも触れましたが、活性酸素は白血球が作り出す、体の細胞を酸化させてしまう力が強い物質です。金属は空気に触れることで錆びますが、これと同じ現象を体の細胞に対して活性酸素は引き起こします。

一つの細胞が酸化すると、今度は別の細胞を酸化させ、またこの細胞が別の細胞を酸化させる……加齢や野菜不足の生活、ストレス過多、紫外線、喫煙などを原因に、活性酸素は増えていきます。活性酸素が増えすぎると、この酸化の侵攻の歯止めが効かなくなるというわけです。

そのとき私たちの体内では、なんらかの悪い変化が起きています。

酸化した細胞が増えると、体内のあらゆる組織が衰え、細胞や体の組織の老化を早めます。体内でそのようなことが起きると、シミやたるみなどの肌の悪い変化や、体臭・加齢臭の促進などをはじめ、がんや動脈硬化、糖尿病、アルツハイマーなどあらゆる病気の原因にもなります。

活性酸素を減らすことが健康と加齢臭予防の秘訣

呼吸で取り入れる酸素のうち、2%が活性酸素になるといわれています。

数字として出すとたいしたものではないようにも思えますが、1日に人が吸い込む酸素の量はおよそ360リットルと考えられていますから、バカにできません。1日の呼吸量も、私たちは約28,000回も呼吸するのだそうですから。

そのため、細胞の老化を遅らせ、健康になるために、いかにこの活性酸素を抑制していくのが大事か、納得できると思います。呼吸の回数を減らすなんていうことは全く現実的ではありません。

それよりもするべきなのは、タバコやお酒を控えたり、軽い運動をしたり、ストレスを減らす、紫外線を避けるなどの活性酸素を増やしてしまう日常の行動を控えてみることです。

食生活には抗酸化成分の食材を

健康や美容、病気などにまつわる話で、野菜をしっかり食べましょう!とは、よく聞かれる言葉です。それもそのはず、野菜にはこの活性酸素の活動を抑制してくれる抗酸化成分が豊富に含まれているからです。

「若返りビタミン」とも言われているビタミンCビタミンE、近年クローズアップされていますが、赤ワインやココアなどのポリフェノール、緑茶のカテキン、トマトやスイカのリコピン、ニンジンやカボチャなどのβカロテン、ゴマのセサミノールや、ニンニクやキャベツの含硫化合物だったり。

全部の抗酸化成分を摂ろうとすると逆にストレスが溜まってしまうかもしれませんので、砂糖不使用のトマトジュースはとりあえず冷蔵庫に常備するとか、なるべくチョコレートは砂糖の少ないビターチョコを選ぶとか、少しずつ取り入れていくのが続けるコツです。

もし、ニオイケアでデオドラント製品ではばっちりケアしているけど、食生活はそうでもないなぁ…と言う人は上に挙げたような抗酸化成分を取り入れた食生活を目指してみてください。