ミドル脂臭

ミドル脂臭?加齢臭よりもひどい!?30代ならあなたも臭っているかも…

加齢臭といえば、主に45歳前後から発生する中高年特有のニオイです。そのため、30代の自分はセーフだ!と思っている30代の方もいるかもしれません。

でも残念ながら……30代の方でも健康状態によっては加齢臭が体や頭皮などから臭ってくることはありますし、また「ミドル脂臭」という30代特有のニオイがあるのをご存知でしょうか。

しかもこのミドル脂臭は、加齢臭よりも強烈だというのです。そのうえ、「使い古した油のようなニオイ」と形容され、女性がとくに不快感を催すニオイであるとも。30代は出会いがなかったり、異性経験が浅くともまだまだ盛り返せる年代ですから、そのようなニオイは発したくないところです。

ミドル脂臭とはどのようなメカニズムで起きるのか、対策方法など、まとめていますので、不安な方や、現在ミドル脂臭に悩まれている人も参考にしてみてください。

ミドル脂臭が起こる原因

ミドル脂臭は、「脂」とあるように、汗から出るニオイです。

汗は誰でもかくものですが、人によって、汗臭い人とそうでない人がいます。不思議ですよね。この差は、常にシャツは新しいものを着ていたり、デオドラント製品使用の有無など、外部的なケアの差かもしれませんが、「体に疲労が溜まっているか、そうでないか」も深くかかわってきます。

私たち人間は疲れると、体内で疲労物質とも呼ばれている乳酸を作ります。この乳酸が多くなり、汗と一緒に出ると、皮膚の常在菌が分解します。このとき、ジアセチルという成分になります。

このジアセチルという物質がミドル脂臭の厄介なニオイの原因です。

なぜ、「ミドル」なの?

乳酸は、酸素を十分に使わないで体内のエネルギーを消費してしまったときに増えてしまいます。

30代は働き盛りです。周囲からも働き盛りだからなと扱われ、残業などで疲労困憊になることはもちろん、なかなか休む暇もありません。睡眠も不足気味で、有休もなかなか申請できず、じゅうぶんな休養も取れない時期でもあります。

くわえて、30代は部下ができる一方で、上司の顔色もあおがねばならず、ストレスも多くなります。頑張りにより新しいステージにあがるかもしれませんが、冷や汗、緊張汗、運動などで酸素を使わずに汗をかくことが減ることはなかなかありません。

健康状態がおろそかになることはもちろん、無酸素による汗をかくことが多い。この疲労をためがちで乳酸を溜めがちな30代に、汗のニオイがジアセチルにより強まる傾向が多いことから、ミドル脂臭と名付けられています。

同じように疲労が原因の体臭に「疲労臭」があり、これと併発してしまうことはニオイをより強烈にしかねないので、避けたいところです。

疲労臭?アンモニアのニオイ?疲れがたまったら肝臓の調子に注意しましょう疲労時にニオってしまう「疲労臭」というものがあります。なぜ疲労臭が起こるのか、対策法や予防方法など、まとめていますので、解決の参考にしてみてください。...

対策は?どうすればいい?

まずはしっかり日々の疲れを取ることです。もし、ニオイに自覚があり、休む暇もない状況であったのなら、なおさらです。

おすすめなのは、湯船にしっかり浸かること。体内の代謝がよくなり、まだ残っている乳酸と汗の排出を促してくれます。リラックスもできます。せかせかと湯船から出てしまうのではなく、深呼吸して、「あー気持ちいいな~……」と、何も考えない時間を大事にしてください。

洗いでは、ミドル脂臭がとくに強まる側頭部をしっかり洗いましょう。頭はもちろん、首の後ろ側はシャンプー剤を残しやすい部分でもありますから、あまり強すぎない力加減で洗うのがポイントです。シャンプーを流したあとに、もう一度軽くお湯で流すのがおすすめです。

また、ミドル脂臭に効果的なボディソープやシャンプーを使うのもいいでしょうね。とくに体臭の消臭に効果的な柿渋エキスを配合している製品が効果的です。

とくにロングセラー品である柿のさちシリーズは、ブランド柿である「西条柿」を使い、柿の品質がいいことはもちろん、有効成分も豊富なうえ、徹底した品質管理のもと国内で製造されているので、おすすめの一品です。